歯科で処方される抗生物質

バナー

歯科で処方される抗生物質

神経に達するような深い虫歯や、歯茎の代表的な病気とも言える歯周病の治療には、鎮痛剤や抗生物質を用いることが多くあります。これらの薬は痛みを和らげたり、患部の化膿や病気の進行を防いだりするために使用されるものです。

どのような薬が処方されるかは治療内容によって異なりますが、妊娠中や授乳中の方、また血液をサラサラにするためのお薬を服用している方などは、体に異変をもたらす危険性もありますので、あらかじめ歯科医に相談しておきましょう。

抗生物質は歯周病の病原菌を死滅させるために処方される場合もあります。
ただし、歯周病の病原菌には非常にたくさんの種類があり、その全てに抗生物質が効果をもたらすとは限りません。

歯周病の治療に対して処方する際には、まずどのような細菌が歯周病の原因となっているのか東京の目立たない矯正が得意な歯科で検査します。


細菌の種類が特定できて、さらにその細菌を死滅させる力を持つ抗生物質を処方できる場合に限り、薬を服用するという形で歯周病の治療を行うことになります。

つまり、やたらと薬を服用すればいいというわけではありませんので、必ず歯科の診察を受けて意見を聞くことが大切です。

また、抗生物質の効果は薬を服用している間しか持続しないため、服用をやめると1週間程度で細菌を死滅させる力は失われてしまいます。

その後は正しい歯磨きや定期健診によって防ぐしかなく、同じ細菌が再び繁殖する可能性も高いのでこまめに歯科に通うことが大切です。